FC2ブログ

万が一に備えるということ。

大切な家に、もしものことがあったら。





なかなか現実的にしっくりこない言葉でもあります。





保険と一緒で、
万が一、です。





考えたくない事ですが
考えなければいけない事です。





どこかで
きっと大丈夫だろう
とみんなが思っている事ですが





災害にあった場合、
想像では計り知れない
辛い現実と向き合わなければいけません。





少しでも
救われた、助かった、と思えるように
家を建てる前に知識を蓄えておくことが重要ではないでしょうか。





熊本地震での
夢ハウス調査団のレポートをご覧いただき
こんな現実もあるんだという事を
知っていただければと思います。








命を守るためにも
「強い家」を考えることは
とても大事な気がします。








スポンサーサイト