FC2ブログ

振り回されて冷や汗。

自宅の庭のちょっとしたリフォームをしました。

今までは、何と言えばいいのか
あまり出る事の無い存在感のない庭。

私としたことが、
beforeの写真を撮り忘れ。
途中ではありますがこんな感じにタイル張りに。

IMG_2367 (1)

すっきりた感じになりました☺

ここまでの作業を家の中からずーっと眺めていたレイ。
いつでも外に出たいと思っているのです。
綺麗になったので、解放してあげると
新しくなった庭に興味津々でした。

ウロウロクンクンしてたので、
洗濯を干しながら様子を伺っていました。

すると、道路の方に人の気配が。
ピクッとレイが反応したのが分かります。
人が好きすぎる犬なのです。

あ、まずい。
まだ塞ぎの甘い隙間が1カ所…

と気付いたと同時にレイが猛ダッシュ
それをを猛ダッシュで追いかける私。

道路にでた瞬間その男の人を追いかけ、
構ってとジャンプしている。
「すいませ~ん」とニコニコしながら寄って行きましたが
内心、動かないでくれと頭は真っ白になりました。

…レイは追いかけっこのつもりでいる。
かのように私の姿を見つけ、すかさずまた走り出した。

走っても追いつくわけないし、
名前を呼んでもおいでと言っても
完全に興奮したレイは全く聞く耳を持ちません。

どうしよーーーーー

この大惨事に混乱していたら、
また一人、おばさんがこちらに向かってくるのが見えました。
それを見つけたレイは予想通り、おばさんに駆け寄ります。
「あらあらかわいいね~」と構ってくれている!
もうこのチャンスしかない、
おばさんに夢中な今しかない、
と心臓バクバクで。
祈る気持ちで寄って行きました。

今度はそっと気配を消し…
少しずつ近づき…

「とうとう捕まえた!」

後ろからさっと抱き上げ
無事確保することが出来ました~(泣)

あぁ…おばさま…本当にありがとうございます。
本当に、あなたが居なければどうなっていたかと思うと
ゾッとしてなりません…

どう考えても自分が悪いですが
興奮時にも言う事が聞けるまでに
成長させたい、と強く思ったのでした。


しかしあの時の走りと言ったら。
風を切って走る姿はとても
楽しそうだったなぁ。


てそんな事言ってる場合ではないけれど。
















スポンサーサイト